Webサービス・アプリ

仮想通貨のマーケット状況を把握するサービス「SynCryp Viewer」

投稿日:

f:id:y_temp4:20170912093914p:plain

以前、ICOのコンサルをすることで話題となったAnyPayですが、このたび新しいサービスを発表しました。

prtimes.jp

その名も「SynCryp Viewer」。今回は、このサービスについて見ていこうと思います。

syncryp.info

SynCryp Viewer とは?

そもそも、SynCrypとは何でしょうか?上記の記事では、以下のように説明されています。

【SynCryp(シンクリップ)とは】
仮想通貨のマーケット傾向を把握することができる指標となります。この指標は、株式指標と同じようなもので、世界中の仮想通貨のデータを元に日々変動をしていく指標です。Core, LargeCap, MidCap, ICO の4つのセグメントにわけられています。

これまでは、仮想通貨のマーケット傾向を把握するための指標がありませんでした。そこで、新しくSynCrypという指標を作ったわけですね。

さらに、SynCrypには4つのセグメントがあり、以下のように分類されます。

■4つのセグメント
Core: SynCryp 時価総額の上位5コイン
LargeCap: 上位10コイン
MidCap: 上位10 から30コイン
ICO: Ethereumベースの上位10コイン

例えば SynCryp ICO を見てみると、現在のEthereumベースの上位10個のプロジェクトを確認できます。

SynCryp Viewer | SynCryp ICO

f:id:y_temp4:20170912094345p:plain

各仮想通貨の順位はCoinMarketCapなどでも分かりますが、ICO銘柄のように分類されているとその分野での順位が分かって便利ですね。

さいごに

左上のロゴに「beta」とあるように、現在はβ版のようです。

確かに、サイトには必要最低限の情報しか掲載されておらず、デザインも荒削りな印象を受けます。

今後、さらに開発が進み、サイトの見た目や機能も良くなっていくとうれしいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

仮想通貨ガチホ太郎

友人が仮想通貨を購入しているのを知り、そこからどっぷり仮想通貨にハマっています笑 基本的に買った通貨はガチホ(ずっと持ってる)です!

おすすめ記事一覧

初心者のための仮想通貨投資の始め方 1

この記事では、 という方向けに、仮想通貨の仕組みや購入方法についてご紹介します! ※記事が長いです。購入方法だけ知りたい方は仮想通貨投資の始め方から読むことをオススメします。 仮想通貨の市場規模は拡大 ...

bitFlyer Zaif Coincheck logo 2

ガチホ太郎この記事では、自分が日本で仮想通貨を購入するときに利用している仮想通貨取引所をご紹介します!

海外取引所のメリット・デメリット 3

みなさんは仮想通貨の取引を行う際に海外取引所をよく使いますか? おそらく、最初は国内の有名な取引所(や、など)から使い始めたと思いますが、実は海外の取引所の方が便利なケースも多いです。 一方、海外なら ...

-Webサービス・アプリ

Copyright© 仮想通貨ガチホ日記 , 2018 All Rights Reserved.