ICO 仮想通貨情報

仮想通貨でよく聞く「ICO」って何?

投稿日:

f:id:y_temp4:20170605172742p:plain

この記事では、仮想通貨関連の記事でよく目にする「ICO」という言葉の意味について説明しようと思います。

ICO = Initial Coin Offering

ICOは “Initial Coin Offering” の略で仮想通貨を用いた資金調達の際に使われる言葉のようです。

元となる言葉はIPOで、これは “Initial Public Offering” 、日本語だと新規公開株などと言ったりしますね。上場していない企業が、株式を発行して資金を得るように、ICOでは株の代わりに仮想通貨を使うという感じです。

ICOの事例

f:id:y_temp4:20170605171920p:plain

ここ最近で話題になったICOの事例として、高速・安全・アドフリーなブラウザの Brave が約3500万ドルを30秒以内で調達したのが記憶に新しいでしょう。

jp.techcrunch.com

Braveは資金調達時に独自の仮想通貨BAT(Basic Attention Token)を用いました。

ICOの可能性

これまで、何か新しいことを行うために資金調達をするとなるとVCやエンジェル投資家から資金を得る必要がありましたが、ICOという選択肢が増えたことによりこれまでの常識が通用しなくなってくるかもしれません。

先日VALUというサービスを紹介しましたが、これと同じで小さなチームや個人が資金を得るための手段はテクノロジーの進歩によりこれまで以上に幅広くなっています。

coin.y-temp4.com

実際、30秒未満で3500万円は相当ヤバいと思います。まぁ、先ほどの事例は立ち上げた人がMozillaの前CEOとかなりネームバリューがあるのも影響しているでしょうが、それでも可能性を感じさせてくれます。

さいごに

仮想通貨や、仮想通貨で用いられるブロックチェーンの技術を元に新しい試みがたくさん始まっています。今後も世界を変えるテクノロジーとして、より発展していってほしいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

仮想通貨ガチホ太郎

友人が仮想通貨を購入しているのを知り、そこからどっぷり仮想通貨にハマっています笑
基本的に買った通貨はガチホ(ずっと持ってる)です!

おすすめ記事一覧

bitflyer logo 1

ガチホ太郎この記事では、日本円を入金せずに仮想通貨の取引をしたい方向けにオススメの取引所bitFlyerについてご紹介します!

bitFlyer Zaif Coincheck logo 2

ガチホ太郎この記事では、自分が日本で仮想通貨を購入するときに利用している仮想通貨取引所をご紹介します!

nem logo 3

現在、XEMが高騰し話題になっています!ここ数日は22~23円台で推移していましたが、29円まで高騰しました。

-ICO, 仮想通貨情報

Copyright© 仮想通貨ガチホ日記 , 2017 All Rights Reserved.