仮想通貨ガチホ日記

仮想通貨をガチホ(ガチでホールド)している人の日記です

仮想通貨界隈でよく耳にするFiat(フィアット)って何?

f:id:y_temp4:20170624102631p:plain

仮想通貨のTwitterなどをよく眺めていると、Fiat(フィアット)という単語をよく目にすると思います。あんまり普段は使わない用語なので自分も初めて見たときは何かな?と思ったのですが、今はなぜこの単語が頻繁に使われるのか理解しました。

知っている方からすると「何を今更・・・」という感じかもしれませんが、この記事では Fiat(フィアット)の意味と、なぜよく使われるのかについてご紹介しようと思います。

Fiat(フィアット)とは?

Fiat(フィアット)は正式には Fiat Money、もしくは Fiat Currency などといい、意味は法定紙幣です。 つまり、国が発行した通貨(円やドルなど)のことを指します。

仮想通貨界隈では、よく「仮想通貨をFiatに戻す」といったように使われたりしています。

なぜよく使われるのか?

まぁ、意味がわかればどうってことはないですが、Fiat という単語がよく使われる理由は仮想通貨を自分に馴染みのある通貨で換算することが多いからかな、と思います。

これからは法定通貨ではなくビットコインの時代だ!だからビットコイン建てで計算できるようになるべきだ!みたいな話を目にしたこともありますが、やはりビットコイン建てで計算してもいまいちピンとこない(日本円で計算しなおす必要がある)方も多いでしょう。

また、仮想通貨を買うためには最初は Fiat が必要ですし、利確するときも Fiat に戻す方がほとんどかと思います。

仮想通貨の利確とは?

一般的に、Fiat で買った仮想通貨を Fiat に戻すことが利確だと考えそうですが、そうではないという意見の方もいます。

www.poipoikunpoi.com

価値を換算するときは日本円がわかりやすいですが、利確という点では日本円に頼らず、他の Fiat や安定している仮想通貨に頼ったほうが安全では?という意見もあるようです。

さいごに

もし、仮想通貨で莫大な利益が出た時、Fiat にすべきかどうかは悩ましいところです。最近は、仮想通貨で成功した方が税金に悩んでいるのをよく見かけます。

自分が成功した時どうするかは正直まだわかりませんし、そんなの成功してから考えろ!という気もするので、日々精進していきたいです・・・。